薬局では売っている?

薬局にルナベリーはない

ルナベリーは生理前の不快な症状を軽減するサプリメントです。
ということは、薬局などでも売っていそうな感じがしますね。

 

薬局ならば、生理痛を緩和する鎮痛剤なども売られていますので、
ルナベリーも購入することができそうです。

 

実際に薬局で調べてみたところ、
ルナベリーの取扱いはないといわれてしまいました。

 

実際にルナベリーの販売元の会社のホームページを調べてみたところ
オンラインショップ以外の注文は、電話、FAX、はがきでの注文は
受けつけているとの記載がありました。

 

通販以外の方法では購入することができないということがわかりますね。

 

薬局などの店舗販売があれば、早速今日から始めることができますが
ルナベリーは通販専用のサプリメントなのです。

⇒ルナベリーの購入方法

 

ルナベリーは公式サイトがお得

購入するのであれば、公式サイトのトクトクコースが
一番お得といわれています。

 

やはり薬局などの店舗で購入するとなれば、
公式サイトの定期購入初回価格の500円という
安い価格では購入することができないんですよね。

 

ルナベリーは毎日飲み続けないと効果がでにくいサプリメントなので
買い忘れを防ぐためにも定期購入にしたほうがお得になります。

 

薬局などで仮に売られていたとしても売り切れなどの可能性があり
常に手元に置いておくということは難しいかもしれませんよ。

ピルで生理をコントロールできるんですよ!

ピルを飲んでいる人

 

ピルといえば、避妊目的で飲む方がいます。

 

しかし、ピルは生理を
コントロールする働きもあります。

 

ピルはエストロゲンとプロゲステロンが
合わさった合剤です。

 

ピルを服用することで、脳からのホルモン分泌の命令がストップするので
排卵が止まり妊娠しなくなるのですね。

 

また、排卵をしなくなるので子宮内膜が増殖しなくなるので
子宮内膜症の治療にも使われています。

 

ピルを飲むことで、PMSの軽減、生理痛の軽減にも役立ちますし
ニキビ治療の一環にも使われることがあります。

 

また、28日周期の生理になりますので生理不順の方でも
旅行などの日程を組みやすくすることができ、
生理周期のコントロールも可能となります。

 

また、今までピルを飲んだことがない女性で、来月旅行に行くのに
生理が重なってしまうという時などもピルを飲むことによって
生理を早めたり、遅らせたりすることもできます。

 

ピルの副作用

 

しかし、ピルは薬ですから当然ですが副作用の危険があります。
吐き気などのつわりに似た症状を訴える方もいます。

⇒ルナベリーは副作用がある?

 

他にも喫煙者は肺塞栓症や脳障害の危険があるために
飲むことができないといわれています。

 

ピルは生理をコントロールしたり、生理不順や、子宮内膜症の治療に
使われることもあり、役立つ薬ではありますが、危険性は知っておく必要がありますよ。

 

⇒女性の体調管理に役立つルナベリーはこちらです!