ルナベリーで生理痛は改善できる?

生理痛が酷いと時には寝込んでしまうこともありますよね。

 

酷い生理痛

 

ルナベリーを毎日飲み続けていれば、生理痛は解消できるのでしょうか。

 

生理中にはプロスタグランジンというものが分泌されますが、このプロスタグランジンが多く分泌される人が生理痛が酷くなる傾向にあります。

 

ホルモンバランスの乱れや、ストレスなどが原因になるといわれています。

 

ということは、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できるルナベリーを毎日飲み続けていれば生理痛が軽くなると考えられます

 

もちろん、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気がある場合はルナベリーを飲むよりも産婦人科に通ってしっかりと治療をしたほうが生理痛には効果があります。

 

でも、現実には何も疾患がないにも関わらず生理痛に悩まされている女性がたくさんいるのですよ。

 

ルナベリーを飲むことで辛い生理痛も和らいでくると口コミでも報告があるほどですから原因が特にないにもかかわらず生理痛が酷い方はルナベリーを飲んでみるといいでしょう。

 

 

他にも生理痛は冷えなどが原因となる場合がありますので生理中はお腹周りをしっかりと温めであげるといいでしょう。

 

お腹の冷え対策

 

また、若い女性の場合は子宮口がせまいために痛みを感じやすい傾向にあります。

 

生理痛が酷い場合は無理をせず鎮痛剤を服用し、毎日ルナベリーを飲んでホルモンバランスの調整をしていくことがお勧めです。

 

ルナベリーはこちら

女性ホルモンの働き

女性ホルモンの働き

女性ホルモンってそもそもどういう働きをするものなのでしょうか?
女性ホルモンは、女性が妊娠し、出産することができる体を作るホルモンのことで、2種類の女性ホルモンがあります。

 

エストロゲン

 

エストロゲンは生理が終わる時から排卵前まで分泌されるホルモンです。

 

女性らしい体を作り、妊娠するために子宮内膜を厚くします。
一般的にエストロゲンは8〜9歳くらいから卵巣で作られ始めます。
乳房の発達には欠かすことができない女性ホルモンです。

 

また骨を丈夫にする働きがあります。
40歳を過ぎることから卵巣機能が低下しエストロゲンの分泌が悪くなりやがて閉経を迎えます。

 

プロゲステロン

 

プロゲステロンは排卵後から生理までの間に分泌されるホルモンです。
子宮内膜を柔らかく保ち妊娠の準備を整えていきます。

 

妊娠しなければ分泌が弱くなり、やがて生理が始まります。
妊娠すると出産までプロゲステロンは分泌され続け子宮内膜の維持が続きます。

 

このように、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンはそれぞれ働きが違います

 

どちらも欠かすことができないホルモンでエストロゲンとプロゲステロンのバランスが悪くなると体調を崩しやすくなるのでできるだけ女性ホルモンのバランスは整えておくことが大切です。

 

ルナベリーはこちら