飲み方や飲むタイミングに決まりはある?

ルナベリーは1日1粒

ルナベリーは飲み方は飲むタイミングに決まりはあるのでしょうか。
せっかくなので、効果を高める飲み方をしたいと思って
飲み方を調べてみました。

 

1日1粒
水かぬるま湯で飲むこと。

 

ルナベリーの飲み方は難しいことはありません。

 

サプリの吸収率を高めるためにも、
お茶やジュース、牛乳などで飲まないようにしましょう。

 

水、またはぬるま湯で飲むというのは、どのサプリメントでも同じことですね。

 

飲むタイミングも特に決まりはありません。

 

ルナベリーは決まった時間に飲む

 

サプリメントは食品ですので、
薬のように食後や食前に飲むという決まりはありません。

 

しかし、毎日決まった時間に決まった場所で飲む
という習慣をつけると飲み忘れの心配がありません。

 

推奨される時間は寝る前に1粒飲むというのがいいのではないでしょうか。

 

公式サイトでは具体表示はありませんが、お休み前などの決まった時間にとの表記があります。

 

また、ホルモンバランスの調整をする薬を飲んでいる場合、
妊娠中、授乳中は飲まないほうがいいとされていますよ。

 

ルナベリーは女性ホルモンに影響するサプリメントなので、ピルとの相性は悪いのです。

 

妊娠中や授乳中もホルモンバランスが通常とは違いますので、飲まないほうがいいとされていますよ。

基礎体温をつけましょう!

基礎体温

若い女性の場合、基礎体温をつけている
という方は少ないと思います。

 

結婚して妊娠を望むようになった時に
基礎体温をつけ始めるという方が多いのが現状です。

 

しかし、普段から基礎体温をつけておくことで、
生理周期に異常はないか排卵はしているかの
目安をつけることができます。

 

基礎体温は、朝起きた時に体を動かす前に測る体温です。

 

女性の体温は周期的に変動していきますので毎日基礎体温をつけることで
体の状態を把握することができます。

 

女性の体は低温期、排卵期、高温期と3つの周期があります。

 

低温期

 

生理後から排卵までの約2週間の期間で、体温は36.5度以下の方が多いようです。

 

排卵期

 

排卵日に当たる時でこの日を境に低温期と高温期が逆転します。

 

高温期

 

排卵後から生理までの間は体温が高くなります。
体温が高いままの状態がずっと続くと妊娠している状態になります。

 

体温が下がると生理が始まります。

 

女性の体は低温期と高温期に分かれているのが通常の状態ですが
なんらかの異常があると、排卵が行われずに、基礎体温のグラフの値も
バラバラになってしまいます。

 

自分の体の状態を知るためにも基礎体温は若い女性でも必要なことです。

 

婦人体温計を枕元に置いておいて朝起きたらすぐに測るということを
習慣にするようにしましょう。

 

ルナベリーはこちら