ルナベリーは妊娠中に飲んでも大丈夫?妊娠中に必要な栄養素とは?

ルナベリーを妊娠中に飲んでも副作用はないの?赤ちゃんに影響はない?

ルナベリーに使われている成分は、天然のハーブなどの成分で副作用も少なく、安全に使用できるとされています。
ということは、妊娠中も飲むことが出来るのかと思いますよね。
実際はどうなのか、調べてみました。

 

公式サイトなどを見ると「妊娠中や授乳中はお控えください」と書かれています。

 

ルナベリーは女性ホルモンのバランスを整えるための成分が含まれています。
配合されている成分の中に、イソフラボンがあるのですが、イソフラボンは大豆に含まれる成分です。
妊娠中の女性が大豆を過剰に摂取してしまうと、お腹の赤ちゃんが大豆アレルギーになったり、発育に影響が出てしまう可能性があるとされているのです。

 

もちろん、過剰に摂取しなければ問題ないので、普通の食事で摂取する分には問題はないですが、心配なことは出来るだけ避けておく方が安心ですよね。

妊娠中に必要な栄養素とは?何を積極的に摂った方がいいの?

では、妊娠中に積極的に摂取した方が良い栄養素は何なのか、紹介していきますね。

 

まずは鉄分です。妊娠中は血液も多く必要ですから貧血になりやすいです。
ホウレンソウやなどを積極的に食べるようにすると良いです。
ホウレンソウなら、妊娠初期に必要な葉酸も摂取することが出来るので、オススメです。

 

葉酸は、ホウレンソウの他にブロッコリーや果物などにも含まれています。
更に、カルシウムやたんぱく質なども妊娠中には必要な栄養素ですね。

 

妊娠中は、いろいろな栄養素をバランスよく摂取するのが大切です。
食事としては和食が1番ですね。

 

もし、必要な栄養素が足りないかなと思ったら、葉酸やカルシウムのサプリなんかを利用しても良いですね。

逆に妊娠中に取ってはいけない栄養素や食べ物はあるの?

一方、妊娠中に摂取し過ぎない方が良い栄養素もあるので、見ていきましょう。

 

・ビタミンA…摂取し過ぎると、赤ちゃんに奇形の発症率が高くなると言われています。
・リン…赤ちゃんの脳を作るのに必要な栄養素ですが、摂りすぎると妊娠中に必要な鉄分が吸収されにくくなると言われています。
・糖分と脂質…糖分や脂質を摂りすぎると妊娠糖尿病や妊娠高血圧症を発症しやすく、また赤ちゃんが大きくなりすぎてしまう恐れがあります。
・カフェイン…お腹の赤ちゃんが眠れなくなるとか言われています。

 

よく言われるのは、上記の栄養素でしょうか。
ただ、ここであげた栄養素は絶対に摂取してはいけないと言うものではなく、摂りすぎないように気を付けましょうと言う感じなので、神経質になりすぎないで下さいね。