PMSを改善できる?成分や口コミから検証してみました。

ルナベリーはPMS改善に効果的なの?成分から分析してみました。

ルナベリーを飲むと本当にPMSの症状が良くなるのでしょうか?
ルナベリーに含まれている成分についてチェックしてみましょう。

 

まず注目したいのが「チェストベリー」です。
地中海地方に自生するハーブ・チェストツリーの果実から抽出したエキスのことで、地中海地方では昔から生理不順といったPMSの症状に効くと活用されてきました。
古来から使われてきたハーブなので、安全性は実証済みです。

 

また自分ではなかなかコントロールできない”気持ちのもやもや感”や”イライラ感”に有効なのが「月見草オイル」です。
集中力を高める「亜麻仁油」や全9種類の天然ハーブが女性特有の悩みにやさしくアプローチしてくれます。

 

PMSに有効とされる大豆イソフラボンやビタミンB群、カルシウムもバランスよく配合。

 

普段の食生活からは取れない貴重な成分が、体の中からうれしい変化をもたらしてくれます。

PMS(月経前症候群)を解消する方法は?サプリ以外でできる対策はあるの?

PMSの症状を改善する方法はルナベリーなどのサプリ以外にあるのでしょうか?

 

例えば「食事療法」などもその選択肢の一つです。
PMS改善するために積極的にとりたいのが、大豆イソフラボンです。

 

女性ホルモンと似た働きがある大豆イソフラボンは、PMSの症状を軽減する効果もあります。
最近では大豆を使ったスイーツやヨーグルトなども販売されているので、こうした商品を普段から積極的にとることも大切です。

 

またイライラ感に効果があるカルシウムは、ヒジキなど。
同じくイライラ感を抑えるマグネシウムは、納豆やナッツ類。
むくみに効果があるカリウムは、きのこ類や大豆、いも類にも含まれています。

 

ただこうした食品からバランスよく栄養素を摂取することは限界があります。

 

PMSの症状に特化して有効成分を凝縮したルナベリーを飲み続けたほうが、早く効果が出るかもしれませんね。

ルナベリーでもPMSが解消できない?そんな時は病院での受診も考えましょう。

ルナベリーを飲んで長年悩んでいたPMSの症状が改善されたという声はいろんなところで聞かれます。
ただルナベリーは薬ではないので、効果が緩やかで実感するまでに時間がかかる場合もあるようです。

 

また3か月以上飲み続けても症状が改善されない場合は、やはりPMSの専門医に診てもらうほうがいいでしょう。

 

ちなみに医療機関ではどのような治療が行われているのでしょうか?

 

例えば腹痛や頭痛など痛みが激しい場合は、鎮痛剤など今起きている症状を緩和する方法があります。
痛みが何日も続く場合、とても普段の生活を送ることはできません。
鎮痛剤は痛みが出てから飲むよりも、早め早めに飲んだほうが効果があります。

 

また低用量ピルなどもPMSの治療薬として使われています。

 

まだ自分が受診するほどではない場合は、体への負担も少ないルナベリーから始めてみるといいかもしれませんね。