10代でも飲んで大丈夫?10代の人や娘さんを持つお母さんに知ってほしいこと。

PMSの症状は年代にっても違うの?10代に多い症状とは?

PMS(月経前症候群)で悩む女性は年々増加傾向にあります。
様々な理由がありますが、最近では10代の若い女性の間でもPMSに悩まされている人が多くなっています。

 

年代によってPMSの症状に違いがあるといわれていますが、10代ではどんな症状があるのでしょうか?

 

多い症状には「腹痛」「頭痛」「イライラ」「めまい」や「貧血」などがあります。
こうした症状は年齢を重ねていくについて軽減される場合もありますが、逆に重くなる場合もあり個人差があります。

 

とくに成長が著しい10代のPMSは学校生活にも影響を及ぼす場合も多く、早めにケアすることで落ち着いた生活を取り戻すことができます。

 

ただ婦人科というと慣れない女性も多く、内診に抵抗感がある場合もあります。

 

まずはルナベリーなどPMS対策に特化したサプリメントを飲んで、様子を見てみるとよいでしょう。

反抗期とは違う?10代の娘さんを持つお母さんに知ってほしいPMSのこと。

10代は体の成長と心のバランスが取りづらく、本人以上に家族にとっても難しい時期です。
とくに女性の場合は初潮といった大きな変化があり、デリケートな年代でもあります。

 

「なんだか最近、娘がイライラしている」
「テスト前に生理になると腹痛を訴え心配になる」

 

こんなことが当てはまりませんか?

 

同じ女性とはいえ、PMSの症状は個人差があります。
自分が軽かった、なかったからといって子供が軽いとは限りません。

 

少しでも娘さんがPMSで悩んでいる様子が見られたら、痛みの緩和ケアなど一緒になってサポートしてあげましょう。

 

単なる反抗期と間違えるお母さんたちもいるようです。

 

対処を間違えると症状がひどくなる場合があるので、まずはルナベリーといった女性の悩みに効果のあるサプリメントを試してみるのもおすすめです。

ルナベリーは、10代でも飲んで大丈夫?副作用は心配ないの?

PMSの症状を緩和してくれると根強い人気の「ルナベリー」ですが、10代から飲み始めてもよいのでしょうか?

 

結論は、10代から飲み始めても大丈夫です。

 

ルナベリーは薬ではなく、あくまでもサプリメント(食品)です。
女性のホルモンバランスを整える「チェストベリー」や気持ちの浮き沈みを緩やかにしてくれる「月見草オイル」といった成分が配合されています。
9種類の天然ハーブの力で、PMSの症状を緩和してくれるサプリメントなので年齢に関係なく、10代の女性でも飲むことができます。

 

またルナベリーには、女性のライフスタイルを支える栄養素もバランスよく配合しています。

 

大豆イソフラボンやビタミンB群、カルシウムやマグネシウムなど女性に必要な栄養素が1粒に凝縮しています。

 

ピルといった薬には副作用がありますが、ルナベリーは副作用よりもむしろ飲むことで本来の自分を取り戻せたといった声も集まっています。

 

10代でも安心して飲めるルナベリーは要チェックですね。