ルナベリーには副作用があるの?

ルナベリーの副作用が気になる人

 

ルナベリーを飲む上で気になるのは副作用ですよね。
辛いPMSの症状を和らげたくて飲んでいるのに、体調を崩してしまっては全く意味がありません。

 

ルナベリーを飲む上で考えられる副作用は、吐き気や下痢、生理不順生理痛、月経過多などが考えられます。

 

ホルモンバランスを整えるはずのルナベリーで副作用が起きてしまう原因は過剰摂取が考えられます。

 

ルナベリーの服用量は1日1粒となっています。
でも、はやく効果を出したいからといって、1日2粒、3粒と多めに飲むと逆に体にとってはいい影響を与えません。

 

サプリメントは食品なので副作用はないといわれていますがルナベリーを大量に摂取する飲み方では、副作用のような症状が出てしまう可能性があります。

 

ルナベリーの規定量を守る

 

安全に飲むためにも1日1粒の規定量は必ず守るようにしましょう。
ルナベリー1粒で一日に必要なチェストベリー推奨量40mgを摂取することができます。

 

また、いろいろなサプリメントを飲んでいると成分が重複してしまう場合があります。

 

成分が重複していると、1種類のサプリメントの規定量は守っていても過剰摂取状態になってしまうことがあります。
他の種類のサプリメントも飲んでいるという場合は成分表を確認して重複しているものがないかを調べてみるといいでしょう。

 

⇒公式サイトでルナベリーの成分表を調べてみる

子宮頚がん検診は大切です!

子宮頸がんの説明をする人

子宮頚部にできるがんを子宮頚がんといいます。

 

主にヒトパピローマウィルスに感染することが、
子宮頚がん発症の引き金と考えられていて、
ヒロパピローマウィルスは性行為によって感染します。

 

子宮頚がんになる人は、
ウィルスを持った人の中でもごく一部です。

 

免疫力の低下がウイルスの活性化を促進する
ともいわれています。

 

子宮頚がんの初期症状はほぼ無症状で、子宮頚がん検診を受けた際に発覚する場合が
ほとんどといわれています。

 

性行為経験がある女性は必ず年に一度は検査をすると早期発見早期治療に繋がります。

 

健診自体は綿棒で子宮頚部をこすって細胞診をするという簡単なものです。

 

子宮頚がんは初期の段階で発見し、適切な医療をするとほぼ完治が見込めますし
その後の妊娠や出産にもほぼ影響を残さないといわれています。

 

毎年子宮頸がん検診を受けている人

子宮頚がん早期発見のためにも、
毎年子宮頚がん検診を受けておくのが安全です。

 

子宮頚がんは40〜50代の女性に多い病気ですが、
20代の若い女性でもなりますし
10代の女の子でもなる可能性があります。

 

がんが進行していくと、不正出血やおりものの増加などがあります。

 

さらに進行していくと、腰痛や下腹部痛、血便、排尿障害なども起きていきます。
早期発見のためにも子宮頚がん検診は毎年受けるといいでしょう。

 

各自治体によっても違いますが、健診のクーポンが発酵されている場合もありますよ。

 

⇒悩める女性に愛用されているルナベリーはこちら